運転手求人.コム

求人で気になる会社を見つけたらまず、面接に行こう

運転手を未経験からはじめる場合、最も必要になるのが免許証が必要になります
求人情報を見ていると、【大型免許証】 【フォークリフト免許証】 【中型免許証】必要などと記載されていると、免許証を持っていないから働けないし、面接に行けないっと思いますが、会社によっては必要な資格の免許証を取得させてくれる会社もあるので、気になる会社があれば、積極的に面接に行くようにしましょう

 

運送業界は現在人手不足で困っています

 

何故運送業界は人手不足なのか?

 

  • 現在のドライバーの平均年齢が高い
  • 若い世代は免許証を持っていない
  • 面接に若い世代が来ない

 

運送業界は運転手の高齢化が進んでおり、若い世代は免許を持っていない・AT限定の免許証等で中々面接にも来ないので人手不足で困っています

 

なので、会社によっては免許証の取得や1から研修してくれる会社も増えてきました

 

運送業界や運転手を経験して良い事

 

  • 仕事に困らない
  • 就職初月からそれなりのお給料を貰うことが出来る
  • 降格などの心配がない

 

少しでも興味のある方は、一度は運転手を経験しておくと、今後の仕事の保険としてもかなりいいと思います
何故なら運送業界は無くなることはありませんし、免許証と経験があれば、仕事に困っても、すぐに働くことが出来、それなりの収入も得る事が出来ます
運送業界の経験は今後免許証を持っている人が減少傾向にあるので、大型免許証や二種免許証や運送会社での経験は「資格や職人」と同じような位置づけになってきます

 

それに昔はトラック運転手は怖そう等のイメージがありましたが、現在は女性ドライバーも沢山働いていますし、マナーを守れる人でないと、会社も仕事を貰うことが出来ないので、かなり働きやすい環境になっています

 

運転手の求人はバイトルNEXT
がオススメです検索も職種欄から軽作業物流?ドライバー・運転手orタクシー運転手or倉庫管理等で詳細に自分の興味のある求人だけを見ることが出来ます

 

※面接の応募は電話とwebがありますが、電話の場合は営業時間や、採用担当者の仕事の都合もあるので、応募はweb応募をオススメします。 web応募なら採用担当者の空いている時間に連絡を貰う事が出来ますし、24時間応募可能です

 

トラックの種類と特徴

トラック運転手の仕事内容ですが、トラック運転手と一言で言っても色々種類があります

 

平ボディトラック

荷物を乗せる部分に屋根がないトラックです

 

特徴

  • 屋根が無いので、重い荷物をトラックにのせる時に天井クレーンで荷物をのせる場合は平ボディのトラックになりますウイングのトッラクは屋根があるので天井クレーンで荷物をのせる事が出来ません
  • 運ぶ荷物は何でものせる事が出来るが、比較的工事現場の荷物や鉄骨などが多い

 

平ボディトラックの良いところ

  • 荷物を天井クレーンなどでのせる事が多いので、手積みなどすることが少ないので体力面で楽な事が多い
  • 道路で高さ制限がある場所でもウイングより気にしなくていい(※積んだ荷物が高さがある場合はウイングより高さに注意しなければならない

 

平ボディトラックの困るところ

  • 雨の日は水濡れに注意しないといけない(荷物を積んだ後シートを二重にかけるが、シートが破れていた場合荷物が濡れてしまうので注意が必要)
  • 走行中に荷物からガタッと音がして、荷物が大丈夫か確認する時に、毎回シートを外さないといけない

 

 

 

ウイングトラック

荷物を乗せる部分が箱型になっているトラックです

 

特徴

  • 屋根があるので、雨の日でも水濡れなどの心配が少なく、荷物をのせる時も箱型になっているので、荷物を積み上げやすい
  • 運ぶ荷物は段ボール等のケース物や食品などが多く、荷物をのせる時は、フォークリフトでトラックに荷物をのせる事が多い

 

ウイングトラックの良いところ

  • 雨の日でも水濡れの心配が少なく、雨の日に荷物をのせる場合でも、荷台を上にあげると屋根代わりになるので、快適に荷物を積むことが出来る
  • ウイングのトラックのほとんどがバックカメラが付いているので、トラック運転初心者には安心感がある
  • 走行中に荷物が崩れていないか気になった場合でも簡単に荷物のチェックが出来る(平ボディみたいにシートを外さなくても良い)

 

ウイングトラックの困るところ

  • 道路で高さ制限がある道に注意が必要(大体の国道は大丈夫なのでそれほど気になりませんが…)
  • 荷物が手積みの場合はかなりの体力と時間がかかる場合がある

 

 

他にもトラックの種類としてはトレーラーやミキサー車やダンプカーなど他にもありますが、運送業界未経験からはじめるには、平ボディかウイングからスタートするのが安全面などから良いと私は思います

 

 

トラックも大きさで色々種類があります
2t     普通免許証で乗れる ミッションの場合はミッションが必要
4t     中型免許証(8t限定)
6t     中型免許証
8t     大型免許証
10t以上 大型免許証

 

運送業界で多いトラックの大きさは4t(中型)か8t以上の大型になります

 

現在の最新の運転免許証は普通に車の運転免許証を取得すると普通免許証なので中型に乗ることは出来ません。
中型もしくは大型に乗る為にはそれぞれの免許証を取得する必要があります。

 

ですが、以前は普通に運転免許証を取得すると、中型まで乗ることが出来ます
免許証に中型8t限定と記載されている免許証を持っている方は、4tトラックに乗ることが出来ます
(ほとんどのトラックがミッションなのでAT限定の場合は限定解除の必要があります)

 

完全に普通免許から中型免許証を取得するには費用がかかりますが、8t限定の中型免許証を持っている方は、今の免許証で運送業界で働くことが出来ます
今後、中型免許証以上を取得している人が、減少傾向になるので、1度は運送業界を経験しておくと仕事に困ることはなくなるので是非経験してください

 

  ↓  ↓  ↓  ↓


トラック運転手のお給料

トラック運転手の気になるお給料ですが、トラック運転手はよく歩合制と言われていますが、どの様になっているか紹介します。

 

トラック運転手のお給料は大きく分けて3種類になります

 

 

  • 完全歩合制
  • 固定+歩合制
  • 完全固定

 

 

 

完全歩合制

 

完全歩合制と1つの仕事に対しての運賃に対して(例)自分3割会社7割で、運賃が100000円であれば、自分が30000円会社が70000円になります。
会社によって様々で、自分が3割の会社もあれば、4割の会社もあります

 

単純に、一ヵ月の自分の売り上げが100万円あれば、自分の取り分が3割なら30万円、4割なら40万円になります。

 

完全歩合製の場合は仕事の売り上げに対して何割なのか?になるので、仕事を休むと売り上げも上がらないのでお給料が安くなります
逆に売り上げが沢山上がっているのであれば、休んでもお給料が少ないという事はありません

 

その他の注意点
燃料は会社負担なのか自分負担なのか?
高速代金は会社負担なのか自分負担なのか?

 

燃料は1ヵ月に10000km走行した場合1?5kmの1?100円で計算すると20万円になります。(実際1?5kmはかなり厳しいですが…)

 

高速代金は会社によって色々ですが、お客さんが高速指定などで、運賃とは別に高速代金を出してくれていれば、高速に乗れますが、基本的に自腹が
多いと思います。

 

面接で聞いておきたい事

 

  • 自分の取り分が何割なのか?
  • 高速代金は?
  • 燃料は?
  • 実際に持って帰っている金額は?
  • 事故を起こした場合のお金は?
  • 荷締め道具などの消耗品や備品の負担は?

 

 

固定+歩合制

 

固定のお給料は、(例)毎月基本給15万円+歩合が2割 売り上げが100万円だった場合は20万円なので合計35万円になります

 

固定+歩合の場合は燃料代金は会社持ちの場合が多いと思います
高速代金は各会社の中でいくら見てくれるのかは様々です

 

面接で聞いておきたい事

 

  • 歩合の部分は何割なのか?
  • 休んだ場合、基本給がどうなるのか?
  • 有給制度は使用できるのか?
  • 実際に持って帰っている金額は?
  • 高速代金は?

 

完全固定

 

完全固定の場合は自分の走った売り上げなど関係なく固定で毎月30万等お給料が決まっている運送会社です。完全固定の場合は、基本的に燃料会社持ちで、高速なども基本的に会社持ちが多いです。

 

完全固定の場合はその会社の運営方針でドライバーにとって良い・悪いが分かれてくると思います
1人1人ではなく、会社みんなで力を合わす考え方であれば、荷物の積み降ろしなども、近くに同じ会社の仲間がいれば、皆で力を合わせて手伝い合うスタイルなので、社内の人間関係が重要になります。

 

人間関係が良好な会社であれば、居心地も良いですし、指示を出す事務の配車係も、安全面を配慮し、休憩や休みを考えてくれるのであればとても働くうえで良いと思います

 

ですが、固定でドライバー同士で好き嫌いがあったり、配車係がドライバーの休憩や睡眠時間を気にせずに、どれだけ働いても同じ給料との考えで、無茶苦茶に沢山の仕事を振ってくると、モチベーションも下がり、体調なども悪くなる可能性もあるので注意しましょう

 

面接で聞いておきたい事

 

  • 完全歩合の中でも、他の人より長距離を沢山進んで仕事をしたり、会社の為に高速代金を少なくするとお給料を少しプラスしてくれることもあるのか?
  • 高速代金は?
  • 休んだ場合お給料は?
  • 休みや休憩は取ることが出来るのか?
  • 実際にもってかえる事が出来る金額は?

 

 

トラック運転手のお給料は基本的にはこの3種類になります
一般的には多く稼げるのは
完全歩合>歩合+固定>完全固定
仕事する上で自由があるのも
完全歩合>歩合+固定>完全固定
完全歩合であれば、自分の仕事をこなすだけなので、自分で時間のコントロールが出来るので、比較的自由がありますが、完全固定は会社として皆で助け合うので、あまり自由は無いと思いますが、皆で早く仕事をこなすと早く帰る事が出来るメリットもあります

 

 

ですが、私も色々と面接に行きましたが、完全歩合で、40〜50万で、休みも少なく過酷な運行状況で、仕事が少ない時は休みが多く25万〜35万の月もあるのであれば、完全固定で毎月30万で燃料や高速代金は会社持ちで体力的に無理が無く、毎月安定したお給料を貰う事が出来る会社の方が良いと思いましたし、完全歩合・歩合+固定・完全固定とありますが、最終的にはその会社に行って面接をしないと、本当に良いか悪いかわからないっと言うのが実際の感想です。

 

求人にはいかにも稼げますっと書いていても面接に行くと、燃料代金や高速代金等の話を聞くと実際は稼げない会社もあれば、求人には控えめに書いていて面接に行くと高速代金などは会社持ちで、頑張ってくれたらお給料をプラスしてくれる会社もあるので、本当に面接に行くことが大切と思いました。

 

それに運送業界は、一人で仕事出来れば、お給料も全ての運転手が対等なので、サラリーマンの様に下積みや年功序列などはありません。

 

なので、いかに自分にとって良い会社と出会い良い会社で働くかが大切です。
自分に合わない・お給料が少ないと思いながら長く勤めても良い事なんて何もありません
不満があるのであれば、自分に合う会社を探すために面接に沢山行って、少しでも条件の良い会社に転職することが大切です

 

トラック運転手の仕事探しはコチラがおススメです♪

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓